Dirty blackseat / Goobad EP (Moe Hany Music 2018)

Goobad EP2018年6月のRamadan明けにリリースされたDirty blackseatのデビューEP。

2013年に結成されたEgyptのCairoを拠点とするバンドで2017年にデビューした。

フロントの二人、Noha AminとMoe Haniは夫婦で、もう一人のMarwan WahidはYoutubeのtutrialでドラムを覚えたという。

Garage、Psychobillyなどから影響を受けているようだが、EgyptのCairoにそんなミュージックシーンがあること自体まず新鮮だった。

当初は英語の歌詞を書いていたそうだが、このEPにはアラビア語の曲も収録されている。

1曲目はKrautrock的な、後期NEU!やLA DUSSELDORFのような多幸感のあるシンセが印象的なトラックで、残り4曲はギター中心の3ピーススタイルだ。合計5曲を収録。

PostpunkやGarageテイストのサウンドの輪郭はリバーブに覆われ、アラビア語のヴォーカルが自然に溶け込む塩梅はモダンな印象を与える。中々面白そうなバンドで、今後の活躍にも期待したい。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Return Top