鍋島と山田酒店 @ 佐賀

RenderedContent-D3C90B16-222F-4481-95BE-CB56E267D1D5九州で最も飲まれる酒は焼酎だが、佐賀県は九州で最も日本酒を飲む県らしい。

七田、基峰鶴、東一、天吹、東鶴、万齢 、そして鍋島。

名が知れる銘柄も増えてきたが、東京ではなかなか飲める場所は少ない。

せっかく佐賀駅まで来たので、買ってかえろうかと駅のショッピングモールの土産物コーナーの品揃えはイマイチだったので、酒店まで行ってみることにする。

調べてみると、朝早くから営業している山田酒店という店を発見、佐賀駅のバスターミナルで行き方を教えてもらう。

バスに乗り、佐賀城跡地内にある佐賀テレビ前のバス停で降車、城内通りを西に歩き、掘端西通りとの交差点まで進むと到着。

シックな外観の建物は木造で、店内は手入れが行き届き、木の香りが心地よい。

地元佐賀の日本酒や焼酎の専門コーナーが大変充実していて見応え十分だ。

少し話を伺うと、鍋島の富久千代酒造とは強いパートナー関係にあるようで、鍋島だけが置かれている陳列棚があるのが印象的だった。

純米吟醸山田錦と60%純米ひやおろしのHarvest Moonを購入し、自宅への宅配を依頼。RenderedContent-DAD848FF-119D-4B54-8B32-D7682119B88C新政など佐賀以外の日本酒、焼酎も多くの取り扱いがあり、店内を見ているだけで楽しい。

前述したとおり、駅からは少し距離があるが、このあたりは静かで散歩をにも良さそうだ。

店を出ると西の御門橋があり、橋を渡ると樹齢数百年の大楠が西濠沿いに立ち並んでいる。RenderedContent-DF8BECBC-7D90-4000-BE7E-25FC37D3A896そのあたりでゆっくり過ごすのも悪くない。

山田酒店
住所:佐賀県佐賀市赤松町7-21
URL:https://ja-jp.facebook.com/pages/山田酒店/180875461999811
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Return Top