ビュッフェスタイルのファミレス Lido @ タリン

RenderedContent-9B8B1D8A-F5F8-4191-9845-70BA3A65ACE6ラトヴィアに本店があるLido。

エストニアのタリンでは複合施設Solarisビルの2Fの半分を占める大型店として展開している。

私はリガの店もタリンの店も両方行ったのだが、結論からいうとタリンのLidoの方が良かったかなぁ。

まず、リガには無くてタリンにあったものは水餃子、Pelmeni。RenderedContent-1A96A31B-C58F-4BE2-A872-5698579AC17A(タリンの店には水餃子コーナーのオープン・クローズ時間が個別に書かれていたのでオーダーできる時間が限られているのかもしれない。もしかしたらリガの店で私の行った時間は水餃子はクローズしていただけの可能性もある。)

これが割と美味しいのだ。

ポークやチキンなど幾つかのバリエーションがある。

オーダーすると冷凍水餃子を係のお姉さんがボイルしてくれるのだが、3ユーロで15個くらい入っていて、皮同士がくっつかないよう溶かしバターのようなものを振りかけてくれる。

これにあわせるのはセルフサービス形式の生ビール、A Le Copの正統派ラガー。RenderedContent-2A1BC38D-1BDA-4547-905A-3A98399C1A67水餃子との組み合わせは最高だった。

リガとの違いで言えば、タリンではワインが選べた。

レジの目の前でクラッシュアイスでキンキンに冷えた小さいワインボトルが6ユーロで売っている。
サラダやニシンのマリネをピックアップするなら白ワインもアリだろう。

またタリンのLidoではサラダコーナーが充実している。

10品以上あったと思うが、その中から4品をチョイス。RenderedContent-8E8FD25E-D94C-4F1A-9838-B2E3EC4D0B58きのこのマリネ、ビーツのサラダは濃いめの味付けだが、ポテトとディルのサラダ、グリーンリーフとキヌアのサラダはは薄味なので、トータルでちょうど良い印象を受ける。

こちらはラディッシュとキュウリのヨーグルト和え。RenderedContent-F5CAED86-FF6F-4C63-931B-9A5B207BA1D1いろいろと野菜を摂取できるのが嬉しい。

ビュッフェスタイルのファミレスという感じだが、お店に来ている人を見ると使い方は様々。

スープだけとか、サラダのビュッフェだけとか、飲み物だけという人も何人も見た。

使い勝手が良く、もっと長く滞在していたら常連になっていたかもしれない。

LIDO Eesti
住所:Estonia puiestee 9, 10143 Tallinn, Estonia
URL:http://www.lido.ee
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Return Top